プラセンタ シミ 効果

プラセンタでシミは改善できる?

シミを気にする女性

 

女性男性問わず美容や健康に関心のある方であれば「プラセンタ」という言葉を一度は耳にされたことがあるでしょう。

 

プラセンタは英語で「胎盤」を意味しています。胎盤は女性が妊娠時に子宮の中に形成され、お母さんと赤ちゃんを繋ぐ器官のことをいいますね。

 

人間以外で、妊娠時に胎盤を形成する哺乳類の赤ちゃんは生まれるとすぐに胎盤を食べて栄養を摂取するように、胎盤には命の源となる栄養素が多く含まれています。

 

胎盤に含まれる栄養素は、アミノ酸やタンパク質などの3大栄養素だけでなくビタミンやミネラル、核酸、酵素など、お母さんの身体の中で赤ちゃんが育つのに欠かすことのできないものばかりです。

 

そして美容成分として広く使われているプラセンタはこの栄養豊富な胎盤から抽出した胎盤エキスのことをいいます。

 

さまざまな可能性を持つプラセンタ

生命の源から抽出したプラセンタのエキスにはさまざまな効果があり、主に美容関連ではシミ、シワへの対策が注目されていますので要チェックです。

 

プラセンタは美白成分によってできてしまったシミを薄くする効果、そしてシミの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあります。さらには新陳代謝を活発化するという効果もありますので、美しい肌を形成するための肌の細胞の代謝運動にも一役買ってくれそうです。

 

プラセンタには肌や身体の美容に対してさまざまな良い効果があります。美しく瑞々しい肌を目指す上では栄養が多く含まれたプラセンタクリームを取り入れていかない手はありません。

 

また、プラセンタ自体が胎盤から抽出されたエキスということで、副作用も起きにくく安心して使用していけることにも注目。

 

最近の自然由来でない強い成分の入った化粧品と比較しても、プラセンタは少ないリスクで多くの効果が期待できると言って良いでしょう。

 

何由来かでプラセンタは多くの種類がある

実はプラセンタは哺乳類全般の胎盤のことを指します。つまりはプラセンタとひとくくりにされていても、実際は種類が沢山あるということですね。

 

プラセンタの種類はその原料によって分類されています。どの動物の胎盤から抽出したエキスなのかということで例えば人間(ヒト)や豚、馬などの種類がありますね。

 

そしてそれぞれの原料によって、効果や含まれている栄養素にも違いがありますので確認していきましょう。

 

プラセンタと名前がつく美容成分として植物由来の「植物性プラセンタ」もあります。ただし、植物性プラセンタは厳密にはプラセンタではありません。

 

プラセンタは胎盤と言う意味ですので、植物にはもちろん哺乳類のような胎盤はありませんよね。

 

植物性プラセンタは動物性のプラセンタから得られる効果と似たものあるため、プラセンタと同じような役割を果たすということで胎盤がない植物に対してもプラセンタという名前がついています。

 

豚プラセンタのメリット・デメリットについて

豚

 

プラセンタの中でも一番多く流通していて多くの美容商品に使われているのが豚プラセンタ。

 

豚といえば子沢山ですよね。そのイメージの通りで、豚は年に2回出産し、1回の出産で10頭前後の子どもを生みます。

 

子豚を多く産むということは、プラセンタの原材料となる胎盤も多くできるということですので、その分プラセンタエキスを多く抽出できるようになっているということですね。

 

豚プラセンタの一番のメリットは大量生産が可能という背景もあることから、何と言っても価格が安いことです。ただしデメリットとして気をつけなければならないのは質がピンきりだということ。

 

妊婦さんが妊娠中に食べるものやストレスに気を遣うように、豚などの動物ももちろん摂取する栄養や環境によって胎児の成長や胎盤の形成に影響がでてきます。

 

そして豚の場合は病気にかかりやすいことから、ワクチンや予防接種などの薬を投与する機会が多いため、形成される胎盤に不純物が混ざってしまう可能性が大いにあります。

 

よって豚プラセンタを選ぶポイントとしてはどんな環境で生育した豚の胎盤から抽出されたものなのかが重要になってきます。

 

安全で品質の良い豚プラセンタを選ぶときには「国内産SPF豚」から抽出されたものであることが大きなポイントの1つです。

 

SPF豚は日本の国産で国内の日本SPF豚協会によって生育環境に厳しい基準を定められており、抗生物質も投与されていませんので、豚の胎盤から安全で品質の高いプラセンタエキスが抽出できるようになっています。

 

馬プラセンタのメリット・デメリットについて

馬

 

プラセンタの中でも高級品と言われているのが馬プラセンタ。馬プラセンタが高級品と言われているわけは、馬の出産回数が1年に1回のみで、子どもは1頭のみの出産であることが大きな理由です。

 

豚が年2回で10頭前後の子どもを生むことと比べたら20分の1以下の生産量ということになりますね。

 

馬プラセンタは他のプラセンタと比較して美肌成分であるアミノ酸が約300倍も含まれていることが大きなメリットです。さらにはメジャーな豚プラセンタには含まれていない必須アミノ酸が6種類も入っていますね。

 

そして馬は豚と違い病気にかかりにくいという性質もありますので、薬の投与などで不純物が胎盤に混ざってしまうことも心配がありません。品質の管理がきちんと行われている生育環境であることがほとんどですので衛生面もバッチリです。

 

馬プラセンタのデメリットがあるとすれば価格。馬の場合1年に1頭の出産であることや生育環境にコストがかかることからどうしても馬プラセンタ配合のサプリメントなどは高級品で価格が高くなってしまいますね。

 

羊プラセンタのメリット・デメリットについて

羊

 

日本ではあまり流通していないため馴染みが薄いのが羊プラセンタ。羊由来のプラセンタは中国やヨーロッパなどではメジャーで人気です。

 

羊のイメージはなんとなくヨーロッパや北欧ですよね。

 

羊プラセンタにはニュージーランドやスイスの牧場でのびのびと育った羊の胎盤から抽出されていますし、羊自体も馬と同じく病気にかかりにくい動物ですので純度も安全性も高いといえます。

 

そしてもう1つのメリットとしては、羊プラセンタの浸透率。実は羊プラセンタの成分はヒト(人間)に近いアミノ酸組織を持つことから、人間の身体への浸透がよく効果も発揮しやすいといわれていますね。

 

しかしながら、現在日本では羊プラセンタの流通量はかなり少なくなってしまっています。流通量が少ない理由としては日本政府の羊の伝染病対策にありました。

 

羊には羊特有の伝染病があり、人間には感染しませんが、日本を騒がせたBSE(狂牛病)に羊の伝染病も似ていることから対策がとられています。

 

実際に狂牛病が流行してからは牛プラセンタは禁止されましたので、牛に似た動物である羊もあわせて制限をかけているということですね。

 

羊プラセンタについては心配のしすぎかもしれませんが、今後の伝染病流行の可能性が少しでもあること、その影響が懸念されることが大きなデメリットです。

 

ヒトプラセンタのメリット・デメリットについて

人間

 

ヒト(人間)由来のヒトプラセンタは豚や馬などと違い、薬事法で規制されていますのでサプリメントなどで手軽に利用することはできず、医療機関での注射のみで用いられています。

 

ヒトプラセンタの1番のメリットとしては医療機関でのみ用いられれる「医薬品」であることから安全性や効果が保証されているというところです。

 

ヒトプラセンタの原料となるヒトの胎盤は事前に感染症やエイズなどがないか厳しい基準での血液検査をクリアしたもの母体の胎盤から抽出されるため、感染症などの発生の心配もありません。

 

また肝機能障害や更年期障害などの病気症状によってはヒトプラセンタの注射、点滴に対して保険適用されるケースもあります。アンチエイジングなどの美容目的の場合は保険適用はされませんので注意しましょう。

 

安全性や効果は折り紙つきのヒトプラセンタですが、やはりデメリットもあります。

 

まずはヒトプラセンタの注射や点滴を受けられた方は日本赤十字社によって献血ができなくなると定められています。もちろん輸血もNGになるので緊急時に血液が必要になった場合を考えてヒトプラセンタの注射を敬遠するかたもいらっしゃいますね。

 

医療機関のみでの提供となるため通院に手間もかかりますし、費用も美容目的の場合は全額負担となりコストも高めです。

 

植物性プラセンタのメリット・デメリットについて

あけび

 

近年美容業界でも注目されているのが植物性プラセンタ。

 

安全性も高く、動物性プラセンタと同じく栄養素も多く含まれている植物性プラセンタは、サプリメントや美容液などに多く使用されています。

 

植物性プラセンタのメリットはその安全性で、動物のように胎盤からの抽出ではありませんので病気や感染症の心配がありません。

 

またアケビやメロンなど植物の天然成分から抽出されているため、動物由来のプラセンタに抵抗のある方でも手軽に取り入れることができそうですね。

 

ただし植物性プラセンタは動物性のプラセンタとは違い、細胞を活性化させる成長因子が含まれていませんので動物性プラセンタで期待できるようなアンチエイジング効果などは薄いと言われています。

 

植物性プラセンタは植物の胎座と呼ばれる種の周りの部分、動物の胎盤と同じような役割を果たす部分から抽出されますが、やはり動物と植物では全く同じ効果は期待できないということですね。