ハイドロキノン&トレチノインでシミに勝つ!

シミ対策する女性

 

すでに黒々と育ってしまったシミは、生半可な化粧品では消すことができません(もっと重度になると皮膚科でのレーザー治療が必要になってしまいますが)。

 

取り返しのつかない事態を防ぐためには、シミを確実に消すことができる成分を使うことが必要です。

 

その条件にかなうのが「ハイドロキノン」「トレチノイン」です。

 

どちらもシミへの有効性がしっかりと証明され、長い期間にわたり、シミの治療にも採用されている確かな成分になります。

 

では、いったいどんなメカニズムで憎いシミを消すことができるのでしょうか。化学的で細かい内容にはなりますが、知識としてしっかり身につけられるようまとめてみました。

 

目次マーキング用画像

ハイドロキノンとは

フイルムとカメラ

 

ハイドロキノン(ヒドロキノン)はもともと、写真を現像する際に、強い還元性をもつ現像主薬として使われていました。

 

還元性というのは、反応させる物質へ電子(e-)を与えることで、その物質を還元させる働きのことです。

 

還元とか酸化とか、昔理科(化学)の時間に教わった記憶が、という感じですよね。

 

 

その時、現像をする人の手が白くきれいになったことからハイドロキノンの美白効果が発見され、アメリカなど海外では古くから肌の美白剤として処方されてきました。

 

日本でも最近ポピュラーになってきましたが、まだまだ注目の新成分的な扱いなのに比べ、海外ではかなり歴史のある美白成分として知られていた存在です。

 

2001年の薬事法改正

その理由としてあるのが「日本では医師の管理下でしか使えなかった」ことがあります。そんな閉じられた存在の扉が開いたのが2001年の薬事法の改正。この時化粧品へのハイドロキノン使用が認められ、そこから急速に認知度が広がって行きました。

 

また、それ以前にも性質の似た「ハイドロキノンベンジルエーテル」という成分は使われていました。ところがこの薬品は副作用が強く、白斑(肌の色が真っ白に抜けてしまう)が相次いだことから使用禁止となり、分子構造が似ているハイドロキノンも長く認められなかったという背景があります。(※)ハイドロキノンに白斑のリスクはないので、とばっちりを受けた形になります。

 

ところで、美白に有効な成分といえばハイドロキノンの他にもいろいろあります。たとえばビタミンCやアルブチン、トラネキサム酸、プラセンタなどですね。

 

それらの成分とハイドロキノンはいったい何がちがうのでしょうか。実はこれ、決定的な違いがあるんです。

 

答えはシミのメカニズムを含めて考えるとイメージしやすくなります。シミはメラノサイトにある酵素、チロシナーゼによりメラニンが生成され、それが蓄積したものです。

 

基本的にハイドロキノン以外の美白成分は、最終的にシミとなって蓄積されたメラニンの塊を取り除くことはできません。シミができる過程で重要な役割を持つチロシナーゼの働きを妨害して、シミを予防する効果が主になります。

 

対してハイドロキノンは、その還元作用により、できてしまったメラニンそのものを分解する性質があります。

 

ハイドロキノンが肌の漂白剤といわれるのは、このメラニン分解作用があるからです。
目次マーキング用画像

ハイドロキノンの副作用

不安を感じる女性

 

効果が強いとなると、気になるのが副作用だと思います。ハイドロキノンに注意するべき副作用はあるのでしょうか。

 

白斑がでるとか、肌の質がおかしくなるとか、そういった重篤な副作用はハイドロキノンにはありません。

 

報告されている副作用で代表的なのは「ピリピリとした刺激」です。他には赤みがでる、塗った所が熱を持って腫れる、などです。

 

また、ハイドロキノンを塗った部分は紫外線にとても弱くなるので、できるだけ太陽に当たらないことが大切です。その意味では、メラニンという防御反応がリセットされるので皮膚がんにかかるリスクもゼロとはいえません。

 

明確な証明はない

ただ、ハイドロキノンと皮膚がんの関連性についてはWHO(世界保健機構)では不明、EUでも証拠なしという判断で、完全に証明されているわけではないです。

 

特に化粧品に配合されているハイドロキノンの配合量(2%〜4%ほど)はかなり濃度が薄く、深刻な被害は起こらないとされています。確かにあれだけ売られている化粧品で副作用が頻発したら、とっくに発売中止になっていると思います。

 

前述のように刺激感や赤みの副作用は起きるかもしれない(肌に合わない)ので、いきなり顔に塗る前にパッチテストは実行するべきですね。

 

結論的には、ハイドロキノンは特筆すべき効果の割には、深刻な副作用は少ない安全性の高い成分といえます。だからこそ何十年に渡ってシミの治療剤として第一線の存在をキープしているわけですね。
目次マーキング用画像

トレチノインとは

ハイドロキノンに並び、その美白力が注目されているトレチノイン。

 

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とは、ビタミンAの誘導体です。誘導体というのは美容の意味で解釈すると、より肌(身体)への浸透性を高めるために改良された物質ということです。

 

ビタミンAは美肌にとってかなり重要な役割を果たします。角質層を保護したり、保湿性を高める働きがあるので、不足すると肌が乾燥したりトラブルに見舞われやすくなります。

 

トレチノインもアメリカではシミやニキビの治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)に正式に認可されており、たくさんの人が美容のために使用しています。

 

日本では残念ながらまだ認可されていないので、簡単に処方してもらうことはできません。美容クリニックや皮膚科で処方してもらう(実費)ことになり、かなり高額(相場はまちまちですが約2万〜3万円)になります。

 

トレチノインは深い層のメラニンを押し出す

トレチノインは肌に塗ると表皮部分の細胞を活性化させるので、ターンオーバーがどんどん活発になります。具体的な期間でいうと、1サイクル約4週間かかるターンオーバーが半分の2週間程度になるそうです。

 

すると表皮の深い部分にあるシミ(メラニンの塊)もすぐに押し上げられ、やがて外に排出されます。ただし、表皮よりさらに奥(真皮)にあるメラニンには有効ではありません。その場合はレーザーなどの治療と並行する必要があります。

目次マーキング用画像

トレチノインの副作用とハイドロキノン併用の理由

指をさす女医

 

トレチノインは、ハイドロキノンと併用することでより有用に、真価を発揮します。

 

単体で使うと、副作用のリスクに対して得られる効果(美白)が少なく、使うことのメリットがあまりありません。

 

トレチノインを使うと肌細胞が活性化するので、同時に炎症なども起きやすくなってしまうのです。肌は炎症を続けると、後に高確率でシミになる(炎症後色素沈着)ので、これでは何のために美白ケアをしているのかわかりません。

 

 

美容皮膚科などでシミ治療する場合など、よくハイドロキノンとトレチノインはセットで施術されることが多いです。

 

治療名も「ハイドロキノン・トレチノイン療法」という名前が確立されつつあり、近年注目の治療法として話題を集めています。

 

なぜ、トレチノインとハイドロキノンを一緒にするのがいいのでしょうか。

 

どちらも美白に有効なのは言うまでもないですが、メラニン色素に対する働き方が若干異なっていて、そこがまさに併用する意味のある部分になります。

 

トレチノインは肌に溜まったメラニンをターンオーバーの活性化によりどんどん上に押し上げ、排出を促します。そしてハイドロキノンはメラニンそのものを作りにくくしたり、分解する力があります。

 

ですが、いくらハイドロキノンといえど、肌の奥の奥に溜まっているメラニン色素まではなかなか浸透させることができません。どんなに美白力があっても患部に成分が届かなければ意味はないのです。

 

ここでトレチノインの押上力が活きてきます。つまり深い部分にあるようなメラニンもどんどん肌の表面に上がってくるので、ハイドロキノンがより効きやすくなります。と、同時にハイドロキノンが新しいメラニンを作りにくくするので、生まれ変わる肌はどんどんキレイになっていきます。

 

古い細胞を取り払って新しく生まれ変わるサイクルを活発にしつつ、シミの発生元をしっかり抑える。このふたつの働きがガッチリ噛みあうことで、シミとは無縁の美肌に変身できるということですね。

 

目次マーキング用画像

すぐに効果は現れない

時計を持つ女性

 

どちらの成分もシミに効くものの、まるで消しゴムのようにあっという間に美肌に早変わり、というわけにはいきません。

 

通常のターンオーバーは約4週間(28日)前後であることから、人間の肌が良くなっていくペースはおよその想像がつくかと思いますが、じっくりと治療に取り組むことが大切です(逆にそんなすぐにシミが消える治療法があったら、それはそれで怖いです)。

 

先のトレチノイン・ハイドロキノン治療法の例でいうと、通常の治療期間は約2〜3ヶ月です。どちらも作用の強い成分だけに、後半部分は肌の炎症を鎮める(クールダウン)期間になっています。

 

もちろんシミの濃さや種類、できている部分の面積によっても治療期間は変わってくるのであくまで目安とお考えください。いずれにしても即効性は期待できません。

 

特にトレチノインは角質がどんどん剥がれるので痛みがあったり赤みがでたり、炎症を起こす場合が多いです。治療を続けていくことでこれらの症状は治まっていきますが、かなり肌に負担をかけることになります。

 

治療期間は炎症等でバリアが壊れ、肌が乾燥する場合が多いので、通常よりもしっかりと保湿・保水ケアも必要になります。また紫外線に当たるのはよくないので、UV対策も入念に行うべきです。

 

紫外線の影響を考えると、治療は秋から冬にかけて行うのがベターです。この時期は汗もかきにくくなるので、雑菌等による肌の炎症リスクも抑えることができます。

 

ハイドロキノンなどを配合した化粧品はいろいろありますが、以下はネットでも評価の高いおすすめの商品です。ご自分の状態と照らし合わせて、ベストな商品を探してみてくださいね。