コラーゲン シミ 効果

コラーゲンとは?肌の弾力・潤いと深い関係

ぷるぷるのコラーゲン。美肌には欠かせない大事な美容成分ですね。

 

コラーゲンはタンパク質の一種であり、カラダを構成している重要な成分です。カラダの60%が水分でつくられていますが、その残りの40%の大半がタンパク質でつくられています。

 

カラダにあるタンパク質の1/3がコラーゲンでつくられ、そのコラーゲンの40%が肌をつくっています。

 

肌は表皮(表側の目に見える部分)と真皮(表皮の内側)という層に分かれていますが、真皮の約70%はコラーゲンです。

 

そして“ぷるぷるのコラーゲン”という言葉があるように、お肌のハリや弾力はコラーゲンが担っているのです。

 

さて、このコラーゲンにはさまざまな種類があるものの、真皮で大活躍をしているコラーゲンは線維組織と言われ、鎖がらせん状になっているようなイメージです。

 

それが真皮の部分で網目のように張り巡らされています。その網目を点で留めているのがエラスチン、コラーゲンの網目の中にはヒアルロン酸が埋められているといった状態です。

 

コラーゲン減少はターンオーバーに黄信号!?

コラーゲンが減るとターンオーバーが乱れ、シミができやすくなります。

 

シミの原因はメラノサイト!と御存知の方もいらっしゃるでしょう。正解です。ただ、それ以外にもコラーゲンの減少も大きく影響があります。

 

表皮と真皮の境目部分に基底膜というものがあります。表皮と真皮を繋ぐ役割をしているのですが、こちらも成分はコラーゲンです。

 

さて、この部分では常に新しい細胞が生まれています。新しい細胞ができる度に表皮の上に向かって押し上げてられていくのです。これを肌のターンオーバーと呼んでいるのです。

 

つまり、基底膜のコラーゲンが減ってしまうということは、新しい細胞をつくるはたらきが低下するという意味に直結します。

 

ここでシミの元であるメラノサイトが関連してきます。メラノサイトが発生するのはこの基底膜に近い表皮です。新しい細胞が生まれることによって、本来はメラノサイトも押し上げられます。

 

押し上げられていくという過程の中でメラノサイトは分解され排出されるべきものなのです。

 

しかし、基底膜のコラーゲンが減少してしまうと肌のターンオーバーが乱れ、メラノサイトが押し上げられずに定着してシミとなってしまうのです。

 

コラーゲンを「食べて補う」のは至難のワザ?

さて、コラーゲンが不足してはいけない!と思って、コラーゲンを多く含む食品を経口摂取・・・。

 

確かに、食べたものでカラダはつくられています。豚足・鶏皮・手羽先・牛スジ・フカヒレなどは、コラーゲンが多いということでよく耳にしますね。

 

しかし、体の構造というものはやっぱり複雑なものです。コラーゲンを多く含む食品を経口摂取したところで、タンパク質と同じように分解され吸収されるという流れになってしまうのです。

 

そこには分子量という少し難しいお話が関わってきます。つまり、コラーゲンというものは大きくてカラダは吸収できないので、もっと小さいものに分解されるということのようです。

 

カギになるのは分子のサイズ

コラーゲンというものは経口摂取では、コラーゲンとしてはカラダが吸収できないんだということが分かりはじめた近年。

 

もちろん、世界中の美容に関する研究所などが必死に研究をし続けています。その結果、コラーゲンを吸収できる大きさにしたのです。

 

角質層より奥へ浸透させることができるのが数百分子量程度以下、経口摂取による吸収できるのが1000分子量程度以下と言われていましたので、500〜1000分子量程度のコラーゲンが開発されたのです。

 

そこで、従来のコラーゲンとは区別するために「低分子コラーゲン」と呼んでいます。現在ではドリンクやサプリメント、化粧品などで利用されています。

 

コラーゲンといっしょに摂ったほうがいい成分は

低分子コラーゲンであれば、コラーゲンをコラーゲンとして吸収できるという時代になりました。

 

さて、コラーゲンを摂取する際には、エラスチンやビタミンCを合わせて摂取することにより、美肌効果が高まります。

 

エラスチンはコラーゲンの線維の結びつきを強固にしているゴムのような成分です。つまり、コラーゲンの弾力性はエラスチンによって支えられていると言えます。また、肌のハリをつくっているのです。

 

シワやたるみの解消には必須成分でもあります。エラスチンは牛スジや手羽先などコラーゲンを多く含む食材にたくさん含まれています。

 

そしてさまざまな栄養素の中でコラーゲンの生成を促進する効果を持っているのはビタミンCだけなんだそうです。

 

ビタミンCには美白効果や抗酸化作用があるということで有名ですが、コラーゲンの生成には欠かせない大事な栄養素であるということも覚えておきましょう。